スタッフ紹介

オーナーシェフ 佐藤峰行

オーナー
  • 1970年12月生まれ
  • サッカー大好き(特にイタリア)
  • 趣味 三線(調子が良ければ聴けるかも)
  • たまに自転車通勤(かなりがんばって)

経理部勤務のサラリーマン時期を経て23歳でイタリアへ。中部フィレンツェで料理人生をスタート。 しかしあまりの厳しさの為、逃げるようにして一年後帰国。

東京、福岡で計4年間働き、28歳で再び渡伊。 中部アドリア海岸沿いのホテルで料理研修生として働き、北部モデナで生パスタを、最北部トレントで煮込み料理を学び、南部のナポリで魚料理、ドルチェを学ぶ。
2002年日韓ワールドカップ開会式の当日に帰国。しかし、チケットは一度も入手する事が出来ず、全てテレビでの観戦となった。

2003年 7月 柏市に「イタリア田舎料理 まがーり」 開店
2005年10月 イタリア最北端の州トレンティーノ=アルト・アディジェ州トレントにて研修。
2008年11月 イタリア最南端の州シチリアのカターニアにて研修。
2009年10月 「イタリア田舎料理 まがーり」改め、「トラットリア・サルタ エヴィーバ!」開店
2011年 2月 料理を始めた想い出の地フィレンツェにて研修。
2012年 5月 新たな料理を求め、南イタリアプーリア州にて研修。
心のふるさとナポリにて、元同僚たちとの再会を果たす。
2015年 2月 ヴェネツィアにて料理研修。イカ墨、干しダラ、イワシなどを使ったヴェネツィアらしい魚介料理を学ぶ。
空き時間はバーカロではしご酒。
現在に至る

◇ボクの料理人生とイタリア◇

21歳の時、建設会社の経理部の仕事を辞め自分探しの為にアメリカへ。ロサンゼルスでアルバイトをした後、アメリカ一周のバス旅行へ。アメリカは住みやすく魅力的な国だったけど大好きなサッカーがない。それならサッカー王国イタリアへ行こう!と思い1年間でアメリカから帰国。日本でお金を貯めて1994年 11月イタリア・フィレンツェへ。

フィレンツェを選んだのは街の雰囲気がよかったのと、当時地元のサッカーチームにバティストゥータというスーパースターがいたから。フィレンツェでは最初、ホテルのフロント&客室掃除係りをしながら日曜日にはサッカースタジアムに通っていた。3ケ月経った1995年1月、対ジェノバ戦を観にいくと、そこにはひたむきにボールを追う三浦和良選手の姿がありました。

その日の夜、自分も24歳、何か一生続けられる仕事を見つけようと決め、調理人を目指す事にしました。それは”イタリア料理は美味しい”そして、”レストランで働けば食べるのに困らない”という単純な理由からでした。

1995年3月フィレンツェにあるレストランでコック見習からスタートし、プロフィールのにある通りの道を辿ってきた。今は料理をいちから教えてくれたイタリアで出会ったすべての人達に恩返しをする気持ちで毎日料理と向き合っている。イタリア語の「まがーり」という言葉には”そうなればいいね”のような意味があり、それは「日本でもイタリアの田舎料理が根付けばいいな、好きになってもらえたらいいな」という本人の願いも込められている。

2009年10月「まがーり」改め「エヴィーバ!」に。「まがーり」の「そうなればいいね」に物足りなさを感じて、サッカーでゴールが入ったときの「やったー!」や「よっしゃ」という歓喜の言葉「エヴィーバ!」に改名。気持ちだけ空回りしてると言われながらも、お客様・スタッフすべての人が「エヴィーバ!」と楽しめる店を目指して。

スタッフ 野澤勇

野澤さん
  • 1970年5月生まれ
  • 趣味 ギター、自転車
  • 自転車通勤
  • 3児のパパ

村上さん

村上さん
  • 月曜ランチ ホール担当

エヴィーバくん

エヴィーバくん
  • お店のキャラクター